メカニズムと関連知識

ここではホワイトニングの流れに沿って、実際にどのような施術が為されるのかを時系列に沿って説明させていただきます。細かい部分は審美歯科によって多少異なりますが、一般的な流れは以下の通りです。

まずは歯の表面に専用の液体を塗布します。続いてレーザーやプラズマなど、その審美歯科が用いる光を患部に照射し、その刺激でホワイトニング液の働きを活性化させます。こうして専用液が分解するに際し、歯の表面上に付着した色素を一緒に分解する事で、黄ばみを落とす効果が得られます。こうして色素が分解から剥離除去される事で、白い歯となるメカニズムです。

また気になる安全性ですが、既に厚生労働省が認可から数十年が経過しており、多くの大学の専門機関でもその安全性が確認されています。医師の施術を用いぬホームホワイトニングの普及もまた、その安全性を裏付けています。

またホワイトニングに用いられるジェル(専用液)としては通常過酸化水素が使用され、これは歯茎の治療など一般的な歯科医院の治療にも用いられる成分であり、食品添加物としても使用されています。歯にレーザーを照射するなどの行程から不安を覚えられる向きも見られますが、いわゆる歯のクリーニングとは異なり、歯そのものを白くする審美歯科なる医療施設での行為であり、違法性やリスクに関しての不安は無用です。

施術を受けるに際して

審美歯科ではホワイトニング以外にも、歯並びの矯正など口腔内の美観を改善する目的の各種施術を実施しています。折角白い歯を手に入れるべくホワイトニングを目的に足を運ばれるのであれば、他の歯と口腔内のトラブルの改善も同時に視野に入れられるべきであり、当然審美歯科側からもそのような提案が届きます。

絵画に例えれば皆さんの歯はキャンバスで、ホワイトニングを通じて美しい真っ白を描き、それを中長期的にキープする作業がホワイトニングです。キャンバスが破れている(虫歯がある)、表面が荒れて凹凸が見られる(歯並びが用矯正応対である)などの場合、いきなりのホワイトニング施術では十分な効果が期待出来ない、先に他の治療が必要と判断されるケースがある事を知っておきましょう。

また一般的には複数階の通院が必要ですので、無理無く通院が可能なロケーションの審美歯科を選択するのも大切です。美容室に飛び込んでワンポイントで髪型を修正してもらう感覚でホワイトニングを捉えておられる方を時折お見受けしますが、あくまで医療機関での医療治療行為の1つであり、何より皆さんの身体上大切かつ重要な「歯」という部位への加手である事を踏まえておきましょう。

その他疑問点や不安点が生じれば、早い段階で正しい関連情報の収集から確認や、直接ホワイトニングの施術を受ける予定の審美歯科とのコミュニケーションを図る事を通じ、その都度クリアしてください。

関連資料《大阪心斎橋でのホワイトニング・セラミック治療なら湘南美容歯科
ホワイトニングの施術実績が豊富な美容歯科のサイトです。