メカニズムと関連知識

ここではホワイトニングの流れに沿って、実際にどのような施術が為されるのかを時系列に沿って説明させていただきます。細かい部分は審美歯科によって多少異なりますが、一般的な流れは以下の通りです。

まずは歯の表面に専用の液体を塗布します。続いてレーザーやプラズマなど、その審美歯科が用いる光を患部に照射し、その刺激でホワイトニング液の働きを活性化させます。こうして専用液が分解するに際し、歯の表面上に付着した色素を一緒に分解する事で、黄ばみを落とす効果が得られます。こうして色素が分解から剥離除去される事で、白い歯となるメカニズムです。

また気になる安全性ですが、既に厚生労働省が認可から数十年が経過しており、多くの大学の専門機関でもその安全性が確認されています。医師の施術を用いぬホームホワイトニングの普及もまた、その安全性を裏付けています。

またホワイトニングに用いられるジェル(専用液)としては通常過酸化水素が使用され、これは歯茎の治療など一般的な歯科医院の治療にも用いられる成分であり、食品添加物としても使用されています。歯にレーザーを照射するなどの行程から不安を覚えられる向きも見られますが、いわゆる歯のクリーニングとは異なり、歯そのものを白くする審美歯科なる医療施設での行為であり、違法性やリスクに関しての不安は無用です。